コノハチョウ , , ,

コノハチョウ Kallima inachus タテハチョウ科タテhチョウ亜科
国内分布: 南西諸島(沖永良部島、徳之島以南)
国外分布: 中国、台湾、インドシナ半島、ヒマラヤ、インド北部
食草産卵: オキナワスズムシソウ、セイタカスズムシソウ、オギノツメ(キツネノマゴ科)。葉に1個ずつ
発生期: ほぼ周年
越冬態: 不定
生態: 暗い樹林中に生息し、樹液、腐った果実、獣糞などにあつまり吸汁する
特記: 裏面は枯葉に擬態しているといわれる。沖縄県指定天然記念物