サトキマダラヒカゲ , , ,

サトキマダラヒカゲ Neope goschkevitschi タテハチョウ科ジャノメチョウ亜科

国内分布: 北海道、本州、四国、九州(日本固有種)
国外分布:
食草産卵: メダケ、アズマネザサなど(イネ科)
出現期: 暖地5~8月(2回)、寒冷地6~8月(1回)
越冬態: 蛹
生態: 雑木林の林縁に多い。樹液など吸汁し、オスは吸水もする
特記: