シータテハ , , ,

シータテハ Polygonia c-album タテハチョウ科タテハチョウ科
国内分布: 北海道、本州、四国、九州(高い場所に局所的)
国外分布: アジアからヨーロッパにかけて広く分布
食草産卵: ハルニレ、アキニレ、エノキ(ニレ科)、ホップ(クワ科)など。葉に1個ずつ
発生期: 6-11月(2~3回)
越冬態: 成虫
生態: 樹林に生息し敏捷に飛翔するほか、花や樹液に来る。路傍に翅を開いていることも多い
特記: 福岡県では2012年春に越冬成虫が初めて発見された