ツマキチョウ , , ,

ツマキチョウ Anthochalis scolymus シロチョウ科シロチョウ亜科

国内分布: 北海道、本州、四国、九州(種子島、屋久島を含む)
国外分布: ロシア沿海州、朝鮮半島、中国大陸(西部、中部、東北部)
食草産卵: ヤマハタザオ、タネツケバナ、イヌガラシなど(アブラナ科)。花、蕾、若実に1個ずつ
発生期: 4~5月、山地では6月(1回)
越冬態: 蛹
生態: 低地~丘陵地の林縁、疎林、耕作地など明るい場所に見られる。飛翔はゆるやか。花によく集まる
特記: