ミヤマカラスアゲハ , , ,

ミヤマカラスアゲハ Papilio maackii アゲハチョウ科アゲハチョウ亜科

国内分布; 北海道、本州、四国、九州
国外分布: ロシア極東地域、中国大陸、朝鮮半島など
食草産卵: キハダ、ハマセンダン、カラスザンショウ(ミカン科)。葉裏に1個ずつ
発生期: 本州5月~8月(2回)、九州5~10月(3回)
越冬態: 蛹
生態: 樹林帯周辺に多く、比較的敏速に飛ぶ。アザミなどの花や湿地に集まる
特記: 北海道のものは小型、暖地のものは大型