メスグロヒョウモン , , ,

メスグロヒョウモン Damora sagana タテハチョウ科ドクチョウ亜科
国内分布: 北海道、本州、四国、九州
国外分布: ロシア極東地域、中国(東部、東北部)、朝鮮半島
食草産卵: タチツボスミレ、ツボスミレなど(スミレ科)。食草付近の他物に1個ずつ
発生期: 6~10月(1回)
越冬態: 幼虫(1齢)
生態: 低地から山地の林縁や林間の草地に見られる。飛翔は比較的ゆるやか。訪花性が強いが、吸水、吸汁もする
特記: 福岡県RDB2014準絶滅危惧