リュウキュウムラサキ , , ,

リュウキュウムラサキ Hypolimnas bolina タテハチョウ科タテハチョウ亜科
国内分布: 八重山諸島での土着は不明
国外分布: 台湾、トウナンアジア、オーストラリア、サモア、フィジー、インド
食草産卵: サツマイモなど(ヒルガオ科)。一枚の葉にべたべたと数個ずつの塊をいくつも産む
発生期: 産地ではほぼ周年
越冬態: 不定
生態: 林縁や林内、畑地などをゆっくりと飛ぶ。
特記: 日本では南西諸島では飛来して一時的に発生し、本土へも時々飛来するが越年は無理。産地によっていろいろと遺伝的な型があり、飛来地では交雑個体も見られる